Type your search keyword, and press enter

医薬部外品の「H・ミッテルクリーム」でしっかり対策しましょう!

2867479288_2e915af491_z

学生時代からわきがに悩まされてきた私は、わきが対策アイテムを探していたのですが、なかなか良い商品が見つかりませんでした。

ちなみに、海外ではロールオン、ミスト、スティックなどがわきが対策アイテムとして主流だそうです。

ロールオン、スティック、クリームなどの肌に直接塗布するタイプは、汗やニオイを抑える効果が高いと言われていますが、日本では、ユーザーが、わきがや多汗などに悩む一部の層に限られているというのが実情で、あまりアイテム数が豊富でないようです。

また、日本では、別の人種と接する機会が少ないために、自分たちのニオイがわからない=ニオイがないという思い込みがあって、欧米に比べるとデオドラントの市場規模が小さいのだという説もあると聞きました。

そんな中、私がわきが対策として選んだのが、クリームタイプの「H・ミッテルクリーム」です。

医薬部外品の「H・ミッテルクリーム」は、しっかり効能には「わきが(腋臭)、皮膚汗臭、制汗」があげられているのがポイントです。

殺菌成分には<イソプロピルメチルフェノール>を配合していて、原因菌を強力に殺菌して、イヤなにおいを防いでくれます。

また、保湿成分としてセージエキス、アルテアエキスを配合しているところと、直接塗れるドーム型の容器も特長です。無香料・無着色なので、どこでも気軽に使えるので、今でも愛用しています。

ワキガの方はワキガだけではなく、スソワキガに悩むこともあると思います。

同じようにアポクリン汗腺が影響しているので、同じ悩みを抱えるのですが、やはりスソガは、男女の営みにも影響がでますし、とても深刻な問題でもあります。

最近のワキガクリームは、スソワキガに対応しているものも多くありますが、特にクリアネオはスソワキガ専用と言ってもいいほどの効果が得られそうです。

こちらのスソガの記事を見ても、やはりクリアネオが1番効果が高そうなのが伺えます。

それぞれ自分の生活スタイルや好みに合った、最適な予防法が見つかれば良いですね。

ワキガ対策すれば、必ず日常が明るくなるはずです!

毎日の生活の楽しみ。

うちには、生後10ヶ月の赤ちゃんがいて、最近積み木を与えてみました。積み木は、この子が生まれた時に頂いたもので、ようやく最近少し遊べるようになって嬉しいです。積み木などで遊んで、賢い子に育ってほしいです。

最近、鍋の素を使って料理しました。コンソメのようにキューブになっているので、お湯に溶かしてお肉になじませて焼きました。焼き料理ならいつもするので、鍋の素を使ってたくさん料理をしたいです。

似たような素材ではコンソメがあります。コンソメもパスタなどに混ぜても美味しいし、スープにしても美味しいのでオススメです。
毎日、洗濯機や電子レンジなどを使うので、家電も汚れてきます。私はこれらの家電にも吹きかけるタイプの消臭剤を使います。消臭や除菌もできるので、オススメです。いろいろ香りがあって選べるし、すごく便利です。

私は、先日テレビを見ていて、ガン治療の先進医療を知りました。新しいタイプの免疫治療です。すごく効果的な治療法で感動しました。日々医療は進化しているので、それを保険適用させて安く受けられるような仕組み作りをしてほしいと思いました。病気で苦しむ人たちを救うのが医療なので、できるだけ安く医療を受けられるよう、社会も進化してほしいと思いました。

父の帰宅でにぎわう我が家

我が家は、今三人暮らしです。父と母と私の三人です。姉は嫁に行き、妹は彼氏と同棲しているので、両親のとこに残ったのは私だけです。私も一時期はずっと実家から出て暮らしていたのですが、色々あって結局、実家に戻ってくらすことになりました。父は仕事の関係で、時々、県外に出張に行きます。最近も出張に行っていたのですが、昨日、帰ってきました。

普段は、時々、うっとおしいな、なんて思ってしまうこともあるんですが、やはり、父が帰ってくると家が賑やかになるというか、なんだか安心感があるのに気付きました。

父がいないと、夕食が質素なのでダイエットには良いんですが、また、今日から夕食がすこし豪華になります。また私のダイエットの戦いが始まります。でも、母と二人でぽつぽつと食事をとるのもいいですが、少し豪快な父がいてくれた方が、夕食がにぎわって良いなと思います。高齢の父なので、いつまでも今のように元気でいてほしいです。

今日の夕食は、鍋だと言っていました。頂き物の牡蛎があるので、父の帰宅に間に合ってよかったねと母と話していました。父はお肉も海産物も大好きなので、今日の夕食もまた賑わうことでしょう。私は食べ過ぎに注意です。

毒家族のため家を出たいが不安もある

最近「毒親」「毒家族」という言葉を耳にするようになりました。

特徴として親が子供を支配する、子供に依存する等、子供の成長を阻害することやいわゆる虐待をする親や家族のことをそのように言うらしいです(あくまで個人的解釈です)

それらの言葉が流行りだしたのは田房永子さん著「母がしんどい」、原わたさん著「ゆがみちゃん」等の体験記がきっかけだと思いますし、似たような本はいくつかあります。

私自身もこれらの本を読んで、自分が体験してきたことと似ていると感じています。

特に「ゆがみちゃん」との共通点が多かったです。
「ゆがみちゃん」では宗教にも触れていましたが、私の家は宗教は熱心ではないため、宗教以外は共感することができました。

姉妹間の贔屓が激しい(私は贔屓されない側)、何かあれば全て私のせいは日常茶飯事、家を出て一人暮らしをしようとすると必ず何かしら邪魔をするのに妹が一人暮らしをすることはあっさりと認める等々、ここには書けないくらいピックアップしたらきりがないです。

当然、虐待も経験済みで、全裸にされた上に外やベランダに放置(鍵を掛けられるため家の中に入れない)ということもありました。
現在、ある事情により、心療内科の先生から一人暮らしをすることを提案されていますが、収入が少ないため一人暮らしをするにはかなり厳しいです。
正直、家を出るために貯金も頑張ってしていましたが、目標額に達する前に出ることになると思います。

ただ、ちゃんとお金を貯めて余裕がある時に一人暮らしに移りたかったので、今は不安でいっぱいですが、親たちと決別したい気持ちも大きいので泣き言は言えないと思っています。

スマホアプリの『ねこまんま』にはまってます。

最近、アンドロイドアプリの『ねこまんま』にはまっています。

猫+飯という、不思議なねこまんまを開発(調理)し、それを売って、お店を大きくしていくというシンプルなゲームです。

絵がとてもかわいらしく、まんまの種類も豊富。一部、食べ物としておかしい組み合わせもありますが、それもこのねこまんまだと愛嬌の一つ。

定番のお味噌汁から、ぶっ掛け系の卵かけご飯、洋風なパエリア、韓国のビビンバと他にも現実にありそうな組み合わせが、可愛いねこまんまとなっています。

ありえるものばかりかというと、ゾンビやパンケーキまんまと変り種まであり、ねこまんまの種類の多様さには驚くばかりです。

お皿も凝っていて、新しいねこまんまが増えるのが楽しくて、ついつい画面に張り付いてしまいます。

お店のグレードアップも変化が目に見えてわかるので、モチベーションにつながります。

ゴザからはじめ、今ではそれなりのレストランになりました。

大きくなると売り上げに時間がかかるようになりますが、そこは助っ人というお助けアイテムで短縮できるのでどうとでもなります。

他のアプリだとこの辺は有料アイテムになりそうですが、ねこまんまだと稼いだお金から雇えるので、無課金でさくさく楽しめます。

放置時間のペナルティもないのもいいですね。

妊活中も妊娠中も育児中もタンポポ茶飲んでました!

たんぽぽ茶は個人的に大好きにお茶です。ノンカフェインということもあり、私は妊活中、妊娠中、育児中も母乳だったので、ずっとたんぽぽ茶を飲んでいました。

味は香ばしいかんじですが、少し独特な苦味があります。でもあまり気になるレベルでもないので、毎日飲んでいました。タンポポ茶は毛細血管血管拡張作用があるので、冷え性にも効果的なんです。私はかなり末端の冷えが解消されました。ノンカフェインがいいなという理由だけで始めたのですごくうれしいです。

あと、便秘も解消されました。これもタンポポ茶のおかげだと思っています。味はなかなかですし、ほんとうに優秀なお茶だとおもいます。

妊活中の友達の間では、これを飲むと妊娠しやすい体になるなんて噂もありました。いい卵子ができるそうなんです。男性はいい精子ができるらしいのですが、。。ほんとうだったら、こんな嬉しいことはありません。

私はこれをのみはじめて半年で妊娠したので、もしかしたらタンポポ茶のおかげなのかな??なんて思っています。飲んでなかったら、妊娠するまでにもう少しかかったかも。

今は子供は母乳を卒業しましたが、タンポポ茶は続けて飲んでいます。今では親子でのんでいま。子供も気に入ってくれているみたいです。

たんぽぽ茶って何かわからない方もいるかもしれないんで、そういう方はノンカフェインたんぽぽ茶&たんぽぽコーヒーのおすすめはコレ!を一度見てみてください。

たんぽぽ茶が何か、ってのは全部このサイトで説明されています。

部屋が余りにも汚い。

いやあ蛾が本当に飛び回っていました。
面倒なので、ゴキジェットを吹きかけたら、くたばりましたが、ほっとしますよ。
飛ぶ系の虫って、体当たりとか余裕でするじゃないですか。
気が散って仕方ないです。

気が散るといえば、よく考えに没頭しながら歩いていて、何かを踏んでしまうという事をやります。
この辺、愛犬の糞が平気で転がっていて、掃除しないとまずいのですが、親父がやりたいらしいので、そのままになる事が多いです。
なので踏んでしまうと、地雷だか爆弾を踏んだような気持ちになりますね。
風呂で洗うのですけど、もう泣きが入ります。
深夜ですので、音を余り立てても親には失礼だと思うのですけどね。

何でこんなに部屋が汚いのか、さっぱりなのですが、親父も母も息子に諦めているわりには、自分で片付けないという理由不明の悪循環です。
なので、片づけたい時に、お前はしなくていいよと言われると、糞にまみれて生活しろというのかよと言いたくなるのですがね。
まあ、ただめし、ただ風呂、ただ家賃です。

国立音楽院までお金を貯める場合、後3年は欲しい所です。そしたら取り合えず好き勝手出来ると思います。
虫と糞尿だけはなんとかしたいと思いますよ。人が寝泊まりする所が疑問です。

障がい者への接し方。

障がい者の方の話で、分からないと思ったら、まず何回か付き合ってみて、どういう場面で、どういう発現をするのか、見極める事も大事です。
いきなり初対面で、全く分からないというのがありました。

それは、たまたま喫茶店に入ったら、そこが障がいの方のリハビリ訓練も兼ねた所で、何度か保健福祉士さんと知的障がいの方々と話していた時、一人が「ゴーヤ」と言いました。

やっぱり分かりません。「ゴーヤがどうかしたんですか」と言っても「ゴーヤ」と繰り返されます。
保健福祉士さんがこう言いました。「何々さんはゴーヤ、まだ食べないの。偏食は良くないよ、体に良いものなのだから:と言いました。
長く付き合っていると、分かる事なのだと思います。

誰でも人の気持ちを全て理解したり、完全にストレートに発現をする人は少ないと思います。
気を遣う人は、特に思ってもない事で、相手を立てる言い方をする場合もあります。

精神障がいと知的障がいは、やはり違います。詳しい事までは分かりませんが、接し方として、まず、相手が話したら、初対面の場合、共感したり、こちらから話題をふるのも大事だと思いました。

後、びっくりしたり、嫌な顔をしてはいけません。無意識に驚いてしまう事もあるかもしれませんが、作っても普通の接し方をした方が相手もびっくりしません。

クリスマスというと。

今日は秋でもありますが、何だか穏やかで心地よい気候ですね。
気持ちのいい季節というのも、後2、3ケ月で寒くなっていくのでしょうね。
お正月が好きなタイプで、日本の昔からの伝統行事は好きです。クリスマスで楽しかったのは、子供の頃でしょうか。
今は、大人ですから、ケーキを食べるだけの日という風になっています。

僕はテレビを見ません。大体親が暇つぶしに見ているだけなので、結局、生活そのものに変わりはありません。
今のところ、一人でいて、苦痛ではないとも思いますし、誰かと遊びに行く事もないと思います。
一人が気楽だと前から思っています。
クリスマスも、みんなが楽しく騒いでいて、酒を飲んだり、食事やデートで盛り上がっている所を静かに見ているのが好きなタイプです。
頭の半分はメルヘンなので、クリスマスって世界中で行われているのだろうな、昔はサンタって信じていたなと思う事があります。

小さな頃、母が子供を喜ばせるために、宅配の箱にちょっとしたお菓子を入れて、子供にサンタが来たよなんてやっていました。
そんな事もふっと思い出しますね。
優しい思い出って結構好きですけど、そこだけではなくて、最後まで、そのお礼を親にしなくてはならないなと思っています。

ライフイズモバイル機器

最近、2年前に購入したスマートフォンを解約し、タブレットを購入しました。

そもそもの解約の発端は、
自分が愛用していた、某ディズニーモバイルのサービスが近年中に終了する、とのメールがmyディズニーモバイルに届いた事がきっかけです。

ディズニーをこよなく愛して30年の自分(メンズです)、最初は「迷惑メール来たー!」と思い無意味にテンション上がったんですが本サイト見に行ったら、
がっつりとサービス終了のお知らせが。

ディズニーが好きで前のキャリアを全力で解約してこのキャリアにしたのに機種変すら経験せずに終了って。

人生80年として、2年でディズニーモバイル終了って。
本気で残りの人生50年は使う気満々だったのでマジ悲しいです。

この悲しみを何とか癒すために、普通にキャリア変更したのでは絶対癒されないと思った自分。

そこで思い立ったのが「そうだ。画面でかいのを買おう。」
作戦でした。

最初は、ノートパソコン買ってそれで持ち歩いて生きていこうとしたのですが、ノーパソに電話番号を付帯する方法が自分では思い浮かばずまた、調べてる間に眠くなってきたので大きめタブレットで攻めることにしました。

もちろん、俗に言う2台持ちでは無く、男らしくタブレットの1台持ち。スマホ無し。
音声通話はタブレットを掲げ華麗に「もしもし?」です。さあレッツ購入です。

さて、こんな経緯で行ったモバイル機器作戦ですが、何だかんだで購入後1ヶ月が経過しました。

使用感はスーパー快調で心も120%癒えました。
今なら全てが許せそうです。