Streptococcus_mutans_Gram

健康サプリメントの代表といって過言ではない乳酸菌サプリメントには、大きく分けて2種類あります。

一つ目は、「生菌体タイプ」と言われる乳酸菌が生きているタイプのもの、二つ目は、「死菌体タイプ」と言われる乳酸菌が死んでいるタイプがあります。これらは、商品パッケージの裏面にある原材料表示に、「死菌」あるいは「殺菌」といった語句があるかないかで見分けることができます。

なお、生菌体でも死菌体でも、健康増進効果があることは学術的に証明されているため、タイプに拘らずにご自身の目的にあった健康効果が期待できる商品を選んで頂ければ良いのですが、その中でも特に効果が期待しやすい商品を選ぶポイントをお教えします。

>>乳酸菌サプリ

<生菌タイプ>

生菌タイプについては、その多くがお腹の中で生きることができるプロバイオティクス乳酸菌を使用した商品設計になっています。

乳酸菌は、乾燥して仮死状態にしてありますが、お腹の中に入ると生き返って活動を始めます。ただし、ここで言う「お腹」とは小腸や大腸のことで、そこに到達するためには強酸性の胃酸を通過しなければなりません。つまり、胃酸に耐えることができなければ、お腹で活動することができないため、その健康効果を期待することができません。したがって、生菌タイプで良い商品を選ぶためには、耐酸性カプセルなど物理的に胃酸から乳酸菌を守るしくみがある商品から選ぶことをお薦めします。

ちなみに、欲しい商品に耐酸性処理がされていない場合でも、できるだけ生菌数が高いものを選べば、例え、胃酸で死んでしまう乳酸菌がいたとしても、なんとか死なずに胃を通過した乳酸菌が効果を発揮してくれます。

<死菌タイプ>

bacteria-1451505_960_720

死菌タイプについては、乳酸菌の菌体成分や生産物質による健康効果が期待できる商品になっています。

培養した乳酸菌を殺菌して粉末化したものや、乳酸菌で発酵したものを殺菌して乾燥したものがあります。

生菌タイプのように、乳酸菌を胃酸から守るしくみを備える必要がないため、菌数ができるだけ高い商品を選べば効果は期待できます。ただし、菌数の表示は、1食あたり、1袋あたりなど商品によって単位が異なっているため、よく確認して比べるようにして下さい。

また、商品名や製造販売会社が異なっていても、全く同じ乳酸菌が使用されている商品もあるため、その場合は菌種名でインターネット検索し、菌数が高い商品を探すことをお薦めします。

<乳酸菌の種類>

生菌タイプと死菌タイプに分けて良い商品を選ぶポイントをお教えしましたが、最後はどのような乳酸菌を選べば良いかお教えします。

乳酸菌は、生息している場所によって、「乳系」、「植物系」、「腸管系」に分類されています。その中でも、最近注目されている植物系乳酸菌は、乳系や腸管系に比べて、その生息場所が乳酸菌にとって厳しい環境になっているため、そこで生き残るための様々な機能を持つ乳酸菌が多いと考えられています。

例えば、食塩濃度が高いお漬物や、様々な菌が一緒に生息する糠床では、そのような環境下でも生き残れる機能を乳酸菌は身につけています。

このような乳酸菌を摂ると、私たちのお腹の中でこの機能が発揮されて、悪玉菌を抑え善玉菌を増やすといった腸内の細菌バランスが整えられて健康増進につながります。つまり、どのような場所から分離してきた乳酸菌が使われているかを調べ、厳しい環境下を生き抜くことができる乳酸菌の方が効果を期待できると言えます。